粗悪な類似品に注意

ほっそりしたウエスト

粗悪な類似品に注意

細マッチョという言葉も浸透し、たるんだ身体よりも筋肉がしっかりついた身体の方が確実にモテます。
しかしながら、ハードな筋トレを続ける事は大変な事です。
そのため着るだけで身体が引き締まり、筋肉をつける事が出来る加圧シャツが今凄く人気です。
ただし注意点としては、粗悪品が数多く出回っているので、しっかりと商品は選ばなければいけません。

加圧シャツの商品を選ぶポイント

ではキチンと効果が出る正規の商品と、粗悪な類似品はどのように見分ければいいのでしょうか?
商品を選ぶポイントについて紹介します。

まずは見た目で加圧力をチェックしましょう。
見た目と言われても、着ないと圧力がかかっているかどうか分からないと思う人もいるかもしれません。
ですが実は正規の商品と類似品は、見た目からして異なります。

例えばMサイズの加圧シャツの場合、どの商品も肩幅には大差がありません。
ですが圧力が加わるとお腹まわりの引き締めにより、お腹まわりの幅が肩幅と比較して狭くなっています。
つまり肩幅-お腹まわりの幅の差が大きい商品が正規の商品の可能性が高いと言えます。

また商品選びのポイントでは、素材も必ずチェックして下さい。
シャツの素材はナイロンとスパンデックスで作られています。
加圧力を高めるためには、スパンデックス繊維が必要不可欠です。

そのためスパンデックス繊維の割合が高いシャツの方が、正規品の可能性が高いと言えます。
またシャツには2通りの役割があります。それはインナーとしての役割とトレーニングウェアとしての役割です。
24時間着る事を考慮し、通気性がよく筋トレなど身体を動かしやすい伸縮性のある素材が使用されています。

正規品は素材にも拘り、また人間工学に基づいて作られているため技術力も必要となります。
なので激安で作る事は正直難しいと言えます。なので価格だけ見て安い方がお得だと選んでしまうと粗悪な類似品を選んでしまう事になるので注意して下さい。

ネットの情報も参考にする

そして商品を選ぶ時にはネットの情報もチェックするといいでしょう。
特に誇大広告をしてある商品は避けた方が賢明です。

確かに着ているだけで圧力がかかり、筋肉をつける事が出来るシャツである事は間違いありません。
ですが着ているだけで劇的に身体が変化に、腹筋がバキバキになるという事はありません。
腹筋をバキバキにしたいのであれば、シャツをトレーニングウェアとして使用して筋トレをする必要があります。

あとは、口コミ情報やランキング情報、商品のレビューなどもチェックしてみて下さい。
1つの情報源に絞り込まずに、幅広く情報収集し総合評価で選ぶ事がポイントです。

  ≪ 前の記事: を読む  

Copyright © 2017 愛用者が多い加圧シャツ、そのメリットとデメリット All Rights Reserved.