トレーニングウェアに加圧シャツと加圧ズボン

ほっそりしたウエスト

トレーニングウェアに加圧シャツと加圧ズボン

あなたは筋トレをする時に、どのようなトレーニングウェアを着ていますか?
運動しやすい服装、汗の吸収性が高い素材などに拘っているかもしれません。
ですがもっと効率よく筋トレをするためにオススメのトレーニングウェアが加圧シャツなのです。

加圧シャツをトレーニングウェアに

筋トレをする時に、正しい姿勢で筋トレを行う事が大切です。
加圧シャツは、伸縮性の素材で作られていて、着るだけで自然と背筋が伸び姿勢を正す事が出来ます。
そして身体に圧力がかかった状態で筋トレをする事で、短時間でも効率的に筋トレを行う事が出来るのです。

なぜ圧力を加えるだけで効率が高まるのかというと、水中ウォーキングがいい例です。
水中には水の圧力があり、圧力に逆らって歩くため、普通に陸を歩くよりも水中を歩く方が体力を使います。
そのため短時間であっても足腰が鍛えられ、ダイエット効果も高いのです。

シャツを着るという行為も同じように圧力が加えられる状態を作るため、圧力がかかった状態で筋トレをするために普段よりも体力を使い、筋肉がつきやすい状態になるという訳です。

ですがシャツの場合は上半身にしか圧力が加わりません。
それで全身の筋肉がつくの?下半身には効果があるの?
そう思っている人もいるでしょう。では次は加圧ズボンについて紹介します。

下半身を強化したい人は加圧ズボンを


なぜシャツにばかり注目が集まるのかというと、お腹に筋肉をつけたいという人が多いためです。
中年太りの場合は、全身は太っていないのに、お腹まわりに脂肪がたくさんついている人が多いですよね。
また筋肉を付けたい場合、まず腹筋が割れていると格好いいというイメージがあります。

そのためお腹を集中的にトレーニングする場合は、シャツのみの着用で十分なのです。
ですが人によっては、シャツを着用して筋トレを行い、上半身には筋肉がついた。
だけど下半身の筋肉をもっと強化したいという人も多いでしょう。

また女性の場合は、洋ナシ体型と呼ばれるように上半身はほっそりとして見えるのに下半身だけ太っている人も珍しくありません。そんな人にはシャツではなく、加圧スボンを着用する事をオススメします。
シャツの方が需要が高いですが、ズボンも商品化されています。
ただし、シャツにしてもズボンにしても粗悪な類似品には注意しましょう。
そしてズボンを着用すれば、下半身に圧力が加わるため、下半身を鍛える事が可能になります。

上半身も下半身もバランスよく筋肉を付けたいという場合であれば、シャツとズボンの両方を着用すると効果的だと言えます。

  ≪ 前の記事: を読む  

Copyright © 2017 愛用者が多い加圧シャツ、そのメリットとデメリット All Rights Reserved.